ここ数年の間でCSR(企業の社会的責任または法令遵守)、CS(顧客満足度)といったものが重要視されるようになりました。どの企業においてもCSの向上を目指しており、今後の企業の競争力強化に不可欠となっています。
そのCSの向上に重要な役割を果たすのが、ESといわれる「従業員満足度」です。

ではESとは具体的にはどういったことなのでしょうか。ESを判断する代表的な要素は報酬や労働条件、福利厚生などが挙げられます。こういった要素について従業員の満足度が高ければ、良いパフォーマンスにつながりCSの向上となるわけです。

しかし、本当に「ESが高い=CSの向上」となるのでしょうか。例えば給与水準が高く、福利厚生も手厚く、労働条件にも恵まれている居心地の良い企業の従業員であれば、必然的にESは高くなるはずです(昔の公務員や某航空会社などはそうかもしれません)。
しかし、そういった組織を外部の目で見てみると危機感のない組織として見られてしまうこともあります。
現状に満足し、向上心を持たなければ変革の機運を逃すのは当然です。結果としてCSの向上につながるとは考えられません。

ではESは低くてよいのかというと、当然に高い方がよいに決まっています。ESが低ければモチベーションの低下、会社への不信感から離職へとつながります。

ではどういった状態が良いのかというと、ここでいう従業員満足度とは報酬や労働条件も要件の一つではありますが、従業員が向上心や目的意識を明確に持てる環境ということが重要になるのではないでしょうか。会社のビジョンやミッションといったものを従業員と共有し、それを達成する中で従業員自身が「こうしたい」「さらにこうなりたい」といったような仕事に対するやりがいや自身の成長感、社会貢献を感じられ、常に前を向いていられる状況こそが良い状態なのではないでしょうか。

ESの向上には会社側からの報酬等の待遇面と従業員自身の意識の高さが重要な要件になります。会社も従業員も現状に満足し、胡坐をかくのではなく、常に向上心を持ち、ミッションに向かって突き進んでいく、こういったあり方や考え方が企業風土や企業文化のレベルまでいっているような組織でこそ「高いES」のもと「CSの向上」とつながるのではないでしょうか。

自分の会社の従業員満足度は如何でしょうか。待遇面だけでなく会社と従業員の意識レベルを改めて見直してみてはいかがでしょうか。

マネジメント事業部
中丸