私どもの普段の業務を行う上で、企業担当者の方というのは社長であったり
人事部・総務部・業務部などのトップの方が多いです。
肩書きで言いますとタイトルにもあるように人事部長若しくは
総務部長と呼ばれる方が多いかも知れません。

その人事部長について感じる事ですが、今の日本の経済状態や雇用問題、
さらには企業内にて発生する人事トラブルにおいて人事部の悩みは
尽きませんし深刻で重要な問題がたくさんあります。
そのたびに私どもに相談してくださるのは本当にありがたい事ですが、
このような深刻な人事管理問題においてその場しのぎの対応が多く見受けられます。
その意味は人の採用や福利厚生関連の手続き・さらには給与計算などの定例業務は
しっかりとこなせても次を考えないと会社にはプラスにならないからです。

経営理念や経営環境などを鑑みてそこから出てくる情報を元にした人事管理が重要だと考えます。
今までの人事部長ではない大きく変革できる人事部長。
年功序列的で保守的な考えを持ったタイプ、さらにはありがちですが他部門から来た
腰掛けの人事部長ではなくビジネスとしてある意味仕事に「カリスマ性」があるぐらいのタイプが
望ましいと考えます。
営業面で会社を引っ張ってきた人が人事部長になったらどうでしょうか?
考え方として人事部が経営戦略的な考えになっていくはずです。そういう部署になるべきだと考えます。

今だからこのような問題が起きるのはしょうがないかもしれません。
その意味は日本経済が順調、若しくは会社が経営的に順調であれば人事管理に関する問題は
クローズアップされにくいからです。
経営的に順調な時から人事管理の変革を行ってきた企業とそうでない企業には大きな差がついています。
そういう意味では経営者にも大きな原因がある事になりますが、
今からでも遅くはありません。新しい視点で人事部を見るキッカケとして頂ければと思います。

プロモーション事業部
田口