助成金セミナー

今回平成22年6月に全国4箇所にて助成金セミナーを開催します。
この助成金について今回は少しお話させて頂きたいと思います。
そもそも助成金というのは何でしょうか?
助成金の財源は雇用保険であり、簡単に言うと企業の人件費の一部を国が
負担してくれる制度です。
自ら払っている保険料から支給されるので「活用しないと損」とよく言われます。
優しく表現すると、「中小事業主に手厚く支給される国からの援助」です。
国からの援助なので、返す必要はありません。営業外の収益になります。
こういう制度は是非中小企業の経営者様には知って頂きたいという思いもあって
セミナーを開催しています。

では助成金を受給した場合のメリットとは何でしょうか?
先程もお話のありました国からの援助という部分は勿論の事、
もう一つ考えるとすれば助成金を受給するためには、
援助という意味でそれなりの基準・条件が当然出てきます。
よって労務管理上の体制をしっかりと整えておかねばなりません。
逆説的に考えると助成金を申請する事によって自社内の不備な部分が
見つけやすくなります。本当はそのような理由ではなく
社内体制は整えておかなければならないのは当然ですが、
日頃の忙しい業務の中、情報収集もままならない人事担当者は
たくさんいるようです。
さらには助成金をうまく活用する事によって、企業の一番大きな
経費である固定費を抑える事ができるという事です。
その抑えた部分で他の経費に有意義に使えるという事です。
採用や宣伝広告、さらには設備投資まで幅広く投資できます。
将来への投資が充分にできるという事です。

これだけ有意義に使える助成金ですが、やはり問題もあると考えます。
それは助成金制度の情報収集です。昨今の日本経済情勢の中において
助成金制度は柔軟に姿を変えています。
地域に限られるものや、期間で限られるものなど様々出てきます。
助成金は生き物だといえます。
もう一つの問題は申請する際にはとてつもなく手間ひまがかかる場合があります。
支給には基準・条件がある事によっての問題です。

企業経営者のみなさまには最新情報を知ってもらって、是非有効活用を
してもらいたいと常日頃考えています。企業を経営する上ですべて
自社でまかなえる企業はそう多くはありません。
是非今回開催するセミナーや違う形での情報収集をされる事をお勧めします。
必ず御社の経営サポートをしてくれるはずです。

※当社のセミナーに興味ある方は、当社ホームページ「人事労務サポート」を
 ご覧ください。
                             プロモーション事業部
                             田口