先日自分はかかる筈がないと勝手に思い込んでしまっていた
インフルエンザにかかりました。何をどうしたらよいのかわかりませんでしたが、
取りあえずは薬飲んで寝る事としました。

さすがに心配ごとは仕事です。あらかじめの休みなら予定等も立てていますが、
そうもいきません。
この自分で自分の思いのまま調整できないこのもどかしさがとてもストレスとなります。

寝込んでいる間はまだあきらめましょう。
自分で辛かったのは職場復帰後です。

過去の事を思い出しながら仕事を進める事の難しさ。
というよりもそれが必要なのかどうかもわかりません。
結果は過去の思いより目の前の現実に取り組む方がベストと考えます。
であれば、自分で調整もできますし、判断もできます。
edgeに立つ、というらしいです。
復帰後は全力で仕事をしようとするが、そういう余計な過去や思いが邪魔しているように
思えました。
よって何か仕事をしているようで完璧にこなせていない感覚もありました。

このケースで必要だと学んだ事は
今しなければならない事をやるという事。そして過去の思いに振り回されない、
という事です。
自分の事を今完璧にし、その次に全体的な視野を意識するといい方向に向くと
感じました。

平成28年3月24日

プロモーション事業部
田口