突然ですが、みなさんは『日本でいちばん大切にしたい会社』という本を読まれたことはありますか?

長い間にわたって日本全国の中小企業を研究してこられた法政大学の坂本教授が著した本です。
この本の中では、著者自身が実際に足を運び、経営者の方々と直接話をし、そこで見て触れた体験等を通じて感じた「こういう会社こそ、これからの日本にずっと存在していて欲しい」という著者の切なる思いを込めて、実際にあるいくつかの『日本でいちばん大切にしたい会社』を紹介しています。

詳細は、ぜひ実際に手にとって読んで頂くとして、今日はその中からふたつの「5」を紹介したいと思います。

まずは、業績が悪くなったときに中小企業の経営者が言いがちな「5つの言い訳」です。

1. 景気や政策が悪い
2. 業種・業態が悪い
3. 規模が小さい
4. ロケーションが悪い
5. 大企業・大型店が悪い

これらはすべて業績が悪い原因を「外」に求め、「内」にあるとは思っていない。しかし価値のある企業は、問題はすべて「外」ではなく「内」にあると捉えているというのです。

そしてもうひとつは、「会社が使命と責任を果たすべき5人」です。

1. 社員とその家族を幸せにする
2. 外注先・下請企業の社員を幸せにする
3. 顧客を幸せにする
4. 地域社会を幸せにし、活性化させる
5. 自然に生まれる株主の幸せ

坂本教授は「顧客第一主義」を真っ向から否定します。何を言ってるんだと憤慨される方もいらっしゃるかもしれませんね。顧客以上に大切なものがあるか、と。
ところが坂本教授に言わせれば、「顧客満足を向上させるには、まずそのサービスや商品を提供する側である社員が幸せである必要がある」というのです。仕事や会社のことが嫌いで仕方がない社員がいったいどうやって顧客を幸せにできるのか、というわけです。

会社を経営していく上で「何を大切にするのか」というのは、取りも直さず「何を捨てるのか」ということです。「あれもこれも大切にする」では、何が一番大事なのかという芯の部分が“ぶれて”しまうでしょう。

私も企業に対して人事労務の観点から様々なアドバイスをする身。
いろいろと考えさせられる一冊となりました。



平成28年2月12日

コンサルティング事業部
増尾