私たちが日常的に使っている「整理・整頓」という言葉。
ひとまとめに使うことが多いので、同じ意味だと思っていたり、中には反対の意味に捉えている人もいるようです。
皆さんは整理と整頓の違いがわかりますか?

いろいろな見解がありますが、総合すると次のように考えられます。
「整理」とは、必要なものや情報を必要な時にすばやく取り出して活用するために不要なものは捨て、
必要なものはうまく体系だって分類したり、置き場所(保管方法)を考えたり工夫すること。
(捨てる事+使い勝手を工夫する事)

「整頓」とは整理されたもの、必要なものや情報をその考え方(整理方法)にしたがってきれいに秩序立てて置く(保管・保存する)こと。

どちらかというと幼少期〜学生にかけて周りから言われてきた言葉ですが、大人になった今だからこそ重要な要素と言えます。中には無意識に出来る人もいますが、私も含め多くの人は意識してやらないと出来ないのではないでしょうか。

頭の中もそうだし、パソコンの中やデスク周りもそうです。入り乱れ散乱した多くの情報やものをきちんと仕分け、さらには必要なものを「使いやすく」しておくこと。
この機会に整理・整頓してみてはいかがでしょうか。

平成28年2月2日

コンサルティング事業部
城戸