平成27年12月よりストレスチェック制度が開始されます。労働者が50人以上いる事業所では、毎年1回この検査を全ての労働者(対象とならないケースもございます)に対して実施することが義務付けられました。ですので、平成27年12月〜平成28年11月の間に、1回目のストレスチェックを実施しなければなりません。

このストレスチェック制度、労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、事業所側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善に繋げたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。

理解できる点もありますが、理解に苦しむ点もあるように思います。業務量や拘束時間等の業務に起因するストレスについては、業務分担の見直しや業務フローの見直しにより解消することができるかもしれません。これは事業所単位で遂行していかなければならない事項でしょう。

しかしながら事業所ではどうしようもないこともあるわけです。特にプライベートにより心身を疲労している方に対しては、声掛けすること自体に気を遣うでしょう。まわりの方も気を遣いすぎて一緒に疲労してしまうかもしれません。

この制度もマイナンバーと同じで、決まったからには事業所として取り組むしかありません。年末調整、マイナンバー、ストレスチェック、この年末年始は忙しくなりますね。

平成27年11月16日

コンサルティング事業部
木村