ほぼ毎日電車通勤に30分程度かけなければなりません。
30分なんて通勤時間としたら文句はないと思う人がいるかも知れない。
私自身もそんなに長い時間とも思っていないが、
最近電車に乗っていておかしいなと思う事がある。
電車の中で肘や肩がぶつかっても謝らない人が多いと感じる。

これは仕事をする上でも同じことが増えてきていると思います。
まずはここは謝罪からだろうと思っていると、いけしゃあしゃあと
謝罪なしに自分の意見を言う。
自分が逆におかしいのかとも思う時がある。

メールのやりとりもそう。
とある業者さんに間違っていることを指摘したとしてもその返答は
「ご指摘ありがとうございました」???意味がわかりません。
感謝してほしくはないんですけど。

まだご指摘ありがとう、という「反応」があればまだいい方かも知れません。
その後何も返答なしに、次にメールが来た時には違う話題に
なっている事もしばしば。

自己愛性人格障害という難しい症状があることも知ってはいます。
モラルの問題やはたまた食事の問題まで出す方もいらっしゃいます。
いろんなことが起っていたり、変わってきているのでしょう。

自己愛性人格障害の中にも言い訳する・被害妄想・他責的という言葉もありますが、
私が究極に言いたいのは、こういう謝らない人に限って
同じ間違いを何度もするということです。
反省していないからです。

何も毎回謝罪文がほしい訳ではございません。
間違っていますよ、というメールを送信する事も本当はムダな行為・時間。
コミュニケーションとは思いません。
仕事は可能な限りスムースに進めたいものです。

平成27年11月9日

プロモーション事業部
田口