新聞紙上においても1度は見たり・聞いたりされている方も
いらっしゃるとは思いますが、雇用創出というキーワードが
あちらこちらで聞かれます。
政府としても経済成長戦略、ワークシェアリング等さまざま方針を
打ち出しなんとかこの不景気を乗り越えろうとしています。

 この不景気な時だからこそ中途採用で人材募集した際には
優秀な人材が集まる、とお考えの経営者の方もいらっしゃると
思います。
本当にそうなんでしょうか?
中途採用においては新卒と違ってさまざまな年齢層や
多種多様な経験を持った人材が集まります。
それは全く問題ないと思いますが、ここでお話したいのは
前職をどのように退職したのかが、カギになると思います。

 大きく分けると会社都合で退職した場合でも本人に問題があっての退職と
会社自体に問題あっての退職と大きく分ける事ができます。
少しでもこの時代に余裕のある中小企業経営者はいい人材を採用したいと
当然のごとくお考えだと思います。
ただし、前職をリストラされた人材とそれ以外とは大きく違います。
今は不景気であっても近い将来においては必ず好景気がくるはずです。
そのためにも今の採用を間違えると大変なことになります。
社員募集し多数の応募があったとしても今こそ時間をかけて
人材採用をすることをお勧めします。

プロモーション事業部
田口