来週から確定申告の受付が開始されます。確定申告というと事業所得者がするものというイメージがありますが、給与所得者、つまり一般的には年末調整で所得税が確定するいわゆる「サラリーマン」の方でも確定申告しなければならないケースがあります。

 年収が2000万円を超える人などがその対象ですが、もっともこれに該当する人は流石にたくさんおられないと思います。しかしそれ以外にも例えばマイホーム購入などのために親御さんから110万円を超える資金の援助を受けられた場合、それ以外では副収入のあった人なども確定申告が必要です。最近増えている個人でWebサイトやブログサイトを運営して広告収入を得た人や、株や先物取引で利益を得た場合などもこれに含まれますので注意が必要です。ただしその額が20万円までであれば申告は不要ということになっていますので、お心当たりのある方は金額のチェックをされた方が良いかも知れません。

 また昨年に高額の医療費を支払った方や、災害や盗難の被害にあった方、住宅を購入された方については、これらの控除は年末調整では対象とはなっていませんので、確定申告をすることで所得税が還付される場合があります。特に住宅取得控除については年末調整で行われるのは2年目以降で、住宅を購入した年の分については確定申告をしなければなりませんのでお忘れになりませんように。

 冒頭で確定申告の受付は来週から、と書きましたが、実は還付を受けるための申告は1月1日から行うことができます。確定申告の時期になると税務署はかなり混み合いますので、還付申告の方はそれまでに済ませておかれるのも一案です。また最近は国税庁のサイトから確定申告書を作成できるようにもなっていますので、こちらを活用されるのもお勧めです。

マネジメント事業部
篠原