去る6月22日より、尼崎にある私どもの兵庫事務所が移転し、新事務所での業務を開始しています(30年程前から入居していた旧ビルから徒歩1分の距離です)。

事務所移転を経験されたことのある方々は即座に「大変だっただろう」とお思いになるのではないでしょうか。確かに引っ越し作業そのものだけでなく事前準備や業者対応なども必要ですので、それなりに大変なこともありましたが、それでもやはり移転して良かったと強く感じています。

まずは今回の移転を決断するに至った理由をいくつかお話ししておきましょう。

1番目の理由は職員の数が増えて事務所が次第に手狭になってきたこと。
これはもう単純です。狭いのでもう少し広いところに移る必要が出てきたのです。

2番目に挙げられる理由としては、事務所の雰囲気を変えたかったこと。
旧ビルは相当古いもの(良く言えば「クラシック」)でしたので、やはり開放感や明るさの点で物足りない。明るく開放的なオフィスにすることで、そこで働く(私を含めた)職員たちのモチベーション向上を図りました。もちろん来会されたお客様にも明るいオフィスで気持ち良くお過ごしいただけます。

他にもいくつか理由はありますが、主な理由は上記2点です。6月22日から我々兵庫事務所の職員たちは、旧事務所に比べて、広くて明るく、開放的なオフィスで働いています。

移転後の事務所ですが、デスクやキャビネットなどの配置には慎重になりました。幸い私たちは5名という小規模な事務所ですので、新しいレイアウトを決める際には全員の意見を持ち寄り、自分ひとりでは思いつかなかった斬新な発想も取り入れることで「皆が働きやすい環境づくり」が出来たのではないかと思います。

そのほか移転の副産物として、通信などの契約環境の見直しによるコストダウンができたり、不要な資料や書類の整理・廃棄の良い機会となったり。


たった徒歩1分の距離ですが、事務所を移転することで様々な好影響がありました。そこで働く我々も、これまで以上に皆様のお力になれるよう、新しい環境で精進して参ります。

新事務所の窓よりまっさらな袖看板を臨む
新事務所の窓よりまっさらな袖看板を臨む