4月から新社会人となった方が、新しい環境での緊張やストレスを抱え、ゴールデンウィーク後に無気力状態になることを5月病と呼んだりしますが、5月病だけではなく6月病という言葉も耳にするようになりました。

ゴールデンウィークでリフレッシュし、「休暇明けは一から頑張ろう」となり5月病を回避できることもありますが、6月になって仕事の厳しさや環境に馴染めないことがさらに強まり6月病を発症してしまうことが多くなっています。また、自分の思い描いた仕事を任せられず雑用ばかりこなす毎日で、「こんなはずじゃなかった」「雑用ばかりで自分は必要とされていないのではないか」と精神的にも苦しくなるのも1つの傾向です。

「こんなはずじゃなかった」という点を解消させようとして、いきなり大きな仕事を任せるわけにもいきません。仕事の基本を知っていないと応用はできませんから。「雑用ばかりで自分は必要とされていないのではないか」という点を解消させようとして「何でも相談に乗るよ」と声を掛けても、プライドが邪魔して相談自体をしてこないかもしれません。会社ができることは二次的なものであり、根本は本人の考え方次第でしょう。

私も前職時代の入社2ヶ月間は、ひたすらコピーを取ることだけが仕事だったように記憶しています。「こんなはずじゃなかった」と毎日思っていました。コピーを取るだけだと1日がひたすら長いものになってしまいますので、この書類は何なんだとひたすら調べてノートにまとめていたのも懐かしい思い出です。自分で色々と調べては先輩に質問し、そこから1つ1つ仕事を任せてもらえたことも鮮明に覚えています。

5月病であったり6月病、さらにはサザエさん症候群だったりと、出社することが大変な苦痛であるというような言葉がありふれてきたような気がします。苦しいことは苦しい。けれども前を向いて今できることを遂行することこそが一番大事です。前述しましたが、基本を知っていないと何もできません。これはどの業界でも同じです。未経験なことは当然であり、逆に誰しもが未経験という道を通ってきたのです。未経験であるならば、他の人にはない「若さ」で新社会人の皆様には頑張ってほしいものです。

平成27年6月15日

コンサルティング事業部
木村