最近、「昔はこうだった」という言葉を良く耳にします。人と接している際に、「昔はこうだったのに、こんなやり方じゃ駄目だ」とか、「昔はこうだったからこれで良い」と。しかし、数か月後にまた話を聞くと、以前から全く進歩しておらず停滞したまま・・・
 では、何故このような状況になるのかを考えると時代が流れているからです。また、その流れに乗っていないからだと私は思います。昨今良く耳にするマイナンバー制度もそうですが、最近は何でもPCありきで生活が成り立っており、スマートフォンの普及により更に電子化の波が来ました。昔とは違い、PCなどの電子化した機械を扱えないと仕事だけでなく日常生活でも支障を来します。
 
 そのような日常になった中で育ってきた若者と、PCがない時代に育った私はもちろん考え方も違います。どのような考え方なのか、性格なのかを常に見る必要がありますし、時代の流れによって人の考え方も変わっているという事を理解しなければいけません。人の考え方が変われば、もちろん指導する方法も変えて行かなければ会社も良くなりませんし、人も育ちません。

 会社でもそれぞれの立場で、昔はそんな時代があったんだなと思う柔らかい頭と、今はこんな時代になったんだと思う柔らかい頭が近づくことで、あった溝が埋まりお互いの考え方を分かり合える理想の上司と部下になりたいものです。

平成26年12月26日

池田