厚生労働省が、平成24年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」を発表しました。これは、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況についてまとめたものです。
くも膜下出血などの「脳血管疾患」や、心筋梗塞などの「心臓疾患」は、過重な仕事が原因で発症する場合があり、これにより死亡した場合は「過労死」とも呼ばれています。

今回注目すべきは、精神障害の労災申請自体は前年より少なくなりました(1,257件)が、労災認定件数が475件(前年度比150件増)となり、過去最多となったことです。

出来事別に支給決定件数をみると、
@仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった
A(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた
B悲惨な事故や災害の体験、目撃をした
の順に多くなっています。

増加件数としては、
@1カ月に80時間以上の時間外労働を行った(前年度比29件)
A(重度の)病気やケガをした(同27件増)
B上司とのトラブルがあった(同19件増)
Cセクシュアルハラスメントを受けた(同18件増)
D(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた(同15件増)
の順に多くなっています。

「1カ月に80時間以上の時間外労働を行った」という部分については、脳・心臓疾患の時間外労働時間数(1カ月平均)別支給決定件数をみても、飛躍的に発症率件数が高まってくるところですので、会社の労働時間の管理が非常に重要となります。

合わせて重要なことが、常に職場内でコミュニケーションを取ることです。精神障害による労災が増加してきたことの背景として、一時の大きな不況を乗り切ってきたことのツケが徐々に出てきているのではないでしょうか。職場全体が協力関係の意識を持っているとそうは感じられませんが、パーソナリティがはっきりし、自己主張が強い環境にあると協調性を意識している社員には大きな負担になります。辛抱していつも誰もしたがらない仕事を率先して行っている社員に注目してみてください。

また、時間外労働が多いと睡眠不足など体調の管理も難しくなり、集中力の低下によって労災の発生につながってくることも考えられます。

暑い時期になり、熱中症が例年になく多く発生していますので、体調の管理と併せて、労働時間の管理とメンタルヘルスを健全に保つための施策を考えていくことが、今後の生産性を左右してきますので、一度社員の個性を調べてみて、会社に合った労務管理は何かを見直しされてみてはいかがでしょうか。

私も、人の精神面と仕事の質に今後もスポットを当てていきたいと思います。

プロモーション事業部
長尾