連日ロンドンオリンピックを観て寝不足の人は多いと思います。
誰と会っても話題はオリンピックネタになります。

今回のオリンピックは柔道の不振、水泳・サッカー・卓球の躍進があり、
金メダルこそ予想よりも少ないが、メダル数は健闘している大会になっています。
また、違う見方をすると審判のジャッジが抗議によりビデオ判定の結果覆ったり、
と審判のレベルを問われる大会でもあります。

観る側からすると審判の判断一つで選手のこれまでの努力が報われるか否かが
決まるのでしっかり判断してくれ、という想いが強いですが、
逆に審判の気持ちに立つとどうなんでしょうか?

私はこれまで野球をやってきて、指導する側になり、また審判員資格もとり、
活動しているだけに少し複雑です。
『選手だけで野球しても試合は成立しない。審判員が公平に
ジャッジして初めて野球は成立する。』と先輩審判員に言われた言葉を思い出します。

ボクシングで日本の選手が受けた公平さを欠くジャッジは問題外ですが、
人間がやることなのでミスもエラーもあり、選手側からすると不平不満が出ることは
当然だと思います。
それを補うためのビデオ判定は良いことだと思いますが、
それに頼り切ると審判員の技術は向上しなくなり、行き着く所、審判は
不要になり進行役だけになり、競技レベルも落ちかねません。

人事労務でも同じことが言えて、上司が部下の仕事ぶりを公平にジャッジしてあげないと
不平不満が出て、やる気を失くし、次第にその職場全体に影響を及ぼします。
上司も人なのでミスもありますが、それがミスかどうかを
検証するビデオ判定もできませんが、周りの者の評価も聞き、総体的に再度判断し、
ミスだとわかればそれを訂正する度量は必要だと思います。

今回の柔道であった主審・副審の判断を周りの者である観客が
おかしいと判断し、ブーイングすることで、再協議の結果、
判定が覆ったようにミスを認めることは大事だと言えます。