週刊コラム 雇用 保険 法改正情報

最新更新日:2017/09/05

週刊コラム

総数371件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

私どもの普段の業務を行う上で、企業担当者の方というのは社長であったり
人事部・総務部・業務部などのトップの方が多いです。
肩書きで言いますとタイトルにもあるように人事部長若しくは
総務部長と呼ばれる方が多いかも知れません。

その人事部長について感じる事ですが、今の日本の経済状態や雇用問題、
さらには企業内にて発生する人事トラブルにおいて人事部の悩みは
尽きませんし深刻で重要な問題がたくさんあります。
そのたびに私どもに相談してくださるのは本当にありがたい事ですが、
このような深刻な人事管理問題においてその場しのぎの対応が多く見受けられます。
その意味は人の採用や福利厚生関連の手続き・さらには給与計算などの定例業務は
しっかりとこなせても次を考えないと会社にはプラスにならないからです。

経営理念や経営環境などを鑑みてそこから出てくる情報を元にした人事管理が重要だと考えます。
今までの人事部長ではない大きく変革できる人事部長。
年功序列的で保守的な考えを持ったタイプ、さらにはありがちですが他部門から来た
腰掛けの人事部長ではなくビジネスとしてある意味仕事に「カリスマ性」があるぐらいのタイプが
望ましいと考えます。
営業面で会社を引っ張ってきた人が人事部長になったらどうでしょうか?
考え方として人事部が経営戦略的な考えになっていくはずです。そういう部署になるべきだと考えます。

今だからこのような問題が起きるのはしょうがないかもしれません。
その意味は日本経済が順調、若しくは会社が経営的に順調であれば人事管理に関する問題は
クローズアップされにくいからです。
経営的に順調な時から人事管理の変革を行ってきた企業とそうでない企業には大きな差がついています。
そういう意味では経営者にも大きな原因がある事になりますが、
今からでも遅くはありません。新しい視点で人事部を見るキッカケとして頂ければと思います。

プロモーション事業部
田口

新年がスタートし、約4週間が経ちました。正月気分も抜け、各企業では年度末に向けて、最後の追込みと、新年度に向けた準備を急ピッチに行われていることだと思います。
今月の18日に厚生労働省から「平成22年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(平成22年12月1日現在)」という資料が発表されました。
この調査結果を見る限り、平成23年度大学卒業予定者の中には、新年度(4月1日)以降の就職の目処が立っていない学生が多いようです。
既に平成24年度卒業予定者の就職活動もスタートしており、後輩と同時期にリクルートスーツを着て活動を行っている大学生もいるのではと思いますし、実際、新卒応援ハローワークに行くと常に込んでいる状態であります。
当然調査結果を見ますと、「内定率は過去最低水準」となっており、今後もこれがそこであるかどうかは見通せていない状態です。
 
このような中、前年に創設された「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」・「既卒者育成支援奨励金」・「3年以内既卒者採用拡大奨励金」について、既卒者のみ対象でありましたが今年の2月1日より「平成22年度に限り卒業年次の未内定者」である卒業予定者についても対象とし制度が拡充されました、その他の制度とあわせ「卒業前の集中支援」として厚生労働省と文部科学省の連携により就職支援制度が強められております。
 
ただ、大卒の就職内定率の低下は単に経済悪化、雇用抑制のみが原因ではありません。就職内定率の推移をより正しく見るために必要なキーワードとして「大学生数」と「ミスマッチ」が挙げられます。
「大学生数」とはその字のとおり、大学生の数です。大学生の卒業者数(就職希望者数)が増えれば、たとえ求人数が変わらなかったとしても、就職内定率としては低下することとなります。
「ミスマッチ」とは、企業が求める人物像と就職希望者が求める企業像との乖離や、人材を積極的に採用しようと考えている業界、企業規模と就職希望者が勤めたい業界、企業規模の乖離のことを指します。

大学生等の就職内定率だけを見ても、今の日本の閉塞感が伝わってくるような思いがしますが、「採用」に関する、特に「新卒採用」に関する係数は、現在の景気と将来の予測、企業と、労働者の仕事や「働く」ということについての認識など総合的にその時々の世情が強く反映されていると思いますので、今後も注意深く見ていきたいと思います。

プロモーション事業部
大西

以前このコラムでクールビズについて書きました。クールビズがあればウォームビズもありということで、極めて短絡的ながら今回はこのウォームビズについて。

ウォームビズとは環境省の呼びかけにより地球温暖化防止のため、暖房時のオフィスの室温を20℃に設定することです。 「暖房機器に頼らず寒ければ着る、働きやすく暖かいビジネススタイル」ということで、暖房に必要なエネルギー使用量を削減することにより、CO2発生を削減し地球温暖化を防止することが目的であり、過剰な暖房を抑制するための呼びかけといえます。
確かに真冬にも関わらず、汗をかくほど暖房のきいた建物って時々ありますね。

ただ、クールビズが先行してスタートしたせいか、このウォームビズについて一般的にどの程度浸透しているのか、個人的には正直良く分からないのが実感でした。 クールビズのロゴマークを掲げている企業はよく見かけますが、ウォームビズについては余り見かけないような・・。

 ノーネクタイ、ノージャケットと、視覚的な差異の大きいクールビズに比べると、ウォームビズの場合、あまりそういう意味での違和感を感じにくいのも原因のように思えます。実際、多く着こんで仕事をしている人を見かけても「ああ、寒がりなんだなあ。」といった程度にしか意識が及ばないからなのでしょうか。

もっとも、そもそもオフィスの設定温度が20℃というのも今回この記事を書くに当たって初めて知った程度ですから、私の環境意識の低さ故ともいえるのでしょうが、調べてみたところ、アンケートでウォームビズを知っていると回答した人は21年で85%以上、実際にオフィスの設定温度を下げていると回答した企業は56%以上あるようです。

クールビズには及ばないものの、やはりウォームビズについても、私が思っている以上に一般に浸透しており、環境問題に対する関心度は高いようです。ある調査によると、冬季に暖房を23℃以上に設定している企業は約50%あり、暖房温度の適正な設定はまだまだ省エネの余地が多い取組課題であるとのこと。 オフィスの室温を23℃から3℃下げることで、消費エネルギーは約2割削減できるため、大きなCO2削減効果があるといえます。

昨年夏の暑さがウソのような寒さの厳しい今年の冬でありますが、その辺りを気持ちの片隅に置いてくれぐれもムダな暖房には注意をはらいたいと思います。


マネージメント事業部
寺面

総数371件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

HOME

  • 人事労務サポート 経営セミナーから講師代行・監査も。経営メミナー実施中

人事労務コンサルタント

株式会社PMC 〒530-0054 大阪市北区
南森町1-4-19
サウスホレストビル6F
TEL:06-6362-5338
FAX:06-6362-5388
Email:pmc-info@pmc-net.co.jp
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

有料職業紹介事業許可
許可番号:27-ユ-300948
許可年月日:平成20年9月1日

詳しくはこちら

北海道から九州まで全国対応

【主要エリア】:
札幌・仙台・千葉・ 川崎・東京・横浜・埼玉・神奈川・ 静岡・浜松・名古屋・愛知・ 京都・奈良・大阪・兵庫・伊丹・ 尼崎・西宮・神戸・姫路・岡山・ 広島・福岡・北九州・熊本・鹿児島