週刊コラム 雇用 保険 法改正情報

最新更新日:2017/09/05

週刊コラム

総数371件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

皆様あけましておめでとうございます。
お正月はどのようにお過ごしになりましたか?久しぶりに故郷へ帰ったり、旅行に出かけたり、あるいはただ家でのんびりと過ごした方もいらっしゃるでしょう。
しかし1月も2週目を迎えました。そんなお正月気分もそろそろタンスに仕舞い込まないといけませんね。

さて、「三上」(さんじょう)という言葉をご存知でしょうか。
中国の古典に伝わる言葉で、文章を練ったり良いアイデアを思いつくのに適している場所は馬上、枕上、厠上の3つである。すなわち、馬のくら(移動中)、寝床(目覚めた時)、トイレ(言わずもがなですね…)です。

なるほど、どれもが自分ひとりだけの自由な時間と空間であるが故、自由な発想も生まれやすいのかもしれません。
なかなか良く出来た言葉だなあと感心をする訳なのですが、何しろ約千年も前の中国で言われたとされている言葉です。現代に置き換えると他にもいろいろと思いつけそうですね。やってみましょう。

例えば、「風呂の中」はどうでしょうか。熱い湯船にひとりでつかりながら、つらつらといろんな事を考えたりすることはありませんか?これも自分ひとりだけの自由な時間と空間。良いアイデアを思いつくのにはうってつけかもしれません。

「ジョギング中」というのはどうでしょう。最近のジョギングブームを受け、寒い中、カラフルなウェアに身を包み白い息を吐きながら街を走っているランナーをよく見かけます。
確かにひとりで走っている間というのは誰にも邪魔されず、自由な時間と空間の中にいるわけです。

同じように「自転車の上」というのも良いでしょうね。私自身、週末になるとよくロードバイク(ハンドルが前傾したスポーツタイプの自転車)に跨がって汗を流します。実際に素晴らしいアイデアを思いついたかどうかは別として、自転車に乗って風を切って走っている間、思いの外いろんな事を考えているものです。

実は私以外にも、2代目自転車名人(そんな肩書きがあるのです)である俳優の鶴見辰吾さんも、「新たな発想を得たり考えを整理したりするのに自転車は最適」と仰ってますし、同じく3代目自転車名人の経済評論家、勝間和代さんも「自分にとって馬上は『自転車』だ」と評しています。

ジョギングや自転車には、健康だけではない効用がありそうです。
新年を迎えて何か新しいことを始めてみたいという方は、ぴかぴかのジョギングシューズに足を入れてみたり、新しい自転車のサドルに跨がってみてはいかがでしょうか。贅肉が減り、素敵なアイデアが増えるかもしれませんね。


プロモーション事業部
増尾

今年もいよいよ残り数日となりました。今年最後の週刊コラムです。
1年の終わりには、1年を振り返り来年の目標を立てるという方が多いことでしょう。この時期にイメージしておけば新年と同時にスタートできますね。

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」

とは京セラ創業者の稲盛和夫氏の言葉ですが、新年の目標を設定する上でもとても有効な考えだと思います。

新しいことに取り組むにあたっては、自分で壁を作らず超楽観的に目標設定をする。でも計画の段階では、どのくらい難しいのか慎重に小心に考え尽くす。そして、その悲観的な要素への対策を練った上で楽観的な行動に移る。

この悲観的な計画というのは、経営以外の分野でもアスリートなどに多く取り入れられています。
フィギュアスケートの選手が好調な時でもジャンプに失敗して最後まで滑りきる練習をする、陸上の選手がリレーのバトンを落とした場合を想定した練習をする、などがわかりやすい例ですが、失敗しても続ける練習を普段からされています。この「失敗の練習」は新しいことを始める際の「悲観的な計画」とよく似ていますね。

仕事において失敗の練習はさすがにできませんが、失敗にすんなり対処できるような意識が身に付いていると、失敗したりマイナスのことが起きても動揺することなく冷静でいられますし、次に取るべき戦略や行動について考えることができます。最良と最悪の両方のイメージをしておくことで心の余裕も生まれそうです。

新年に向けマイナスなことはあまり考えたくないというのが本音ですが、そんな風にリスクを頭に入れながら計画を立て、それぞれの段階で見合った人を配することで、目標の実現に大きく近づくのではないかと思います。

慌しい年の瀬ですが、休みに入ったら「家でゴロゴロ」の前に1年を振り返る時間は持ちたいですね。そして、整理された頭で来年のことへしっかりと目を向けていきたいものです。

マネジメント事業部
寺西

この季節になると二つの対象的な事件を思い出します。
ひとつは「ハドソン川の奇跡」。
2009年1月15日、発進直後にバードストライクで両エンジンが停止し、直ちに不時着を試みようとするが、不時着する為の滑走路まで飛行する事すら不可能であったため、近くにあったハドソン川への不時着水を決断し、見事に着水を成功させ全員無事だったという事件。

もうひとつは「イタリア豪華客船座礁事故」。
2012年1月13日、イタリア中部トスカーナ州ジリオ島沖の地中海で、乗客・乗員計約4200人を乗せた大型豪華客船「コスタ・コンコルディア」が座礁、横倒しになり、数十名の犠牲者が出た事件。

二つの事件の決断者は、サレンバーガー機長(前者)とフランチェスコ・スケッティーノ船長(後者)です。
サレンバーガー機長はほんの数分で決断し、実行したわけですが、航空機事故で着水して全員無事だった、と言うのは極めて稀な話で、これを成功させたサレンバーガー氏は一躍時の人となり、アメリカの英雄と賞賛されたといいます。

一方、フランチェスコ・スケッティーノ船長は座礁してから時間は十分にあったと思われるのに人命救助を放棄し、船から逃げ出したといいます。検察側は船長の罪は2697年の禁錮刑に相当すると書面を提出されているそうですが、その後どうなったのか。

この二人はまさに賢者と愚者です。
賢者によって救われた命は賢者によって生かされた命であり、サレンバーガー機長に畏敬の念を抱きます。

また、愚者により尊い命を奪われ犠牲になられた方、ほんとうに悔しい思いをなされたと思います。船長の初動の対応が迅速になされていたら、と思うと無念で致し方ありません。ご冥福をお祈り申し上げます。

しかしながら、愚者でも船長になれるという構造がそもそもの問題であると考えてしまい、なぜ乗客・乗員約4200人の尊い命を預かることができたのか、疑問だらけです。

決断者となるべき人(賢者)は、決断することに時間をかけず、決断したことに自信を持ち覚悟を持つ、ということだと思います。

この二つの事件が、愚者を決断者にしてはならない、させてもいけないと物語っています。

会社組織の中でも決断者となるべき人は、この二つの事件のように従業員の尊い命を背負っていると言っても過言ではないと思います。それ程の使命感を持って決断を下すべきであると思います。


プロモーション事業部
中村

総数371件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

HOME

  • 人事労務サポート 経営セミナーから講師代行・監査も。経営メミナー実施中

人事労務コンサルタント

株式会社PMC 〒530-0054 大阪市北区
南森町1-4-19
サウスホレストビル6F
TEL:06-6362-5338
FAX:06-6362-5388
Email:pmc-info@pmc-net.co.jp
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

有料職業紹介事業許可
許可番号:27-ユ-300948
許可年月日:平成20年9月1日

詳しくはこちら

北海道から九州まで全国対応

【主要エリア】:
札幌・仙台・千葉・ 川崎・東京・横浜・埼玉・神奈川・ 静岡・浜松・名古屋・愛知・ 京都・奈良・大阪・兵庫・伊丹・ 尼崎・西宮・神戸・姫路・岡山・ 広島・福岡・北九州・熊本・鹿児島