週刊コラム 雇用 保険 法改正情報

最新更新日:2017/07/26

週刊コラム

総数371件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

企業経営を行う上で、顧客満足度(CS)を高めることは非常に重要なことだと言われています。もちろん、そんな当たり前のことについては皆様もよくご存知のことだと思います。

では、顧客満足度を高めるために我々ができることとは、一体何でしょうか。

高品質のサービスや商品を、低価格で提供する?
他には無いワン・アンド・オンリーのサービスや商品を開発?

どちらも正解かもしれませんが、満足な答えとは言えません。
なぜならどちらもあくまで物質的な価値観のレベルに留まっているからです。

良いものを作れば売れる時代は、終わりました。

これほどまでに高度に洗練された経済社会で、まだ叶えることができていない物的要求はいったいどれほどあるでしょうか。スマートフォンの画面を数回、軽く触れるだけで、ほとんど全ての「欲しいもの」は手に入る世の中なのです。

そんな中、人々の購買意欲を突き動かす背景は、物(ハード)より心(ソフト)を満たしたい、という想いに変わってきています。

それはすなわち、「感動サービス」を体験したいということなのです。

まっとうなものを、まっとうな価格で提供しているだけでは、見向きもされない世の中が、今、もう目の前にあります。感動サービスの提供を受けられない企業では、もう誰も買い物をしなくなるでしょう。

消費者の期待を少しだけ(ここがミソですね)上回るサービスをお客様に提供する、そんなアイデアを考えてみませんか。

これからはそのような意識変革が出来た企業だけが生き残っていくのではないでしょうか。



平成28年7月11日

コンサルティング事業部
増尾

熊本大地震から2か月以上が経過しました。さらに梅雨に入り連日大雨が、時にはあり得ないほどの豪雨に見舞われています。ちなみに私の実家は熊本。今も両親は健在で兄と同居しています。幸い今回被害の大きかった地方からは少し離れた場所なので家屋等の被害はありませんでしたが、それでも不安が晴れるにはまだまだ時間が掛かりそうです。

2か月以上経過していることもあり、少しずつ復興に向けての取り組みが進みつつあります。お付き合いのあるクライアント様の中にも熊本を拠点としている事業所があり、当初は休業を余儀なくされていましたが、今ではなんとか日常を取り戻しつつあるようです。

今回の地震で職を失った人は500人とも1,000人とも言われています。
これを受け、雇用保険の失業給付等の受給要件を緩和するなど、国も特例措置の対応を取っています。例えば、災害救助法の指定地域にある事業所が、災害により事業を休止・廃止したために一時的に離職を余儀なくされた方については、事業再開後の再雇用が予定されている場合であっても失業給付を受給できます。
※雇用保険に 6ヶ月以上加入している等の要件を満たす方が対象となります。

ただ、これらの恩恵を受けるのはあくまでも雇用保険に加入している人で、雇用保険に加入していない労働者や個人事業主は対象外です。こういった方々の数字は把握しづらいですが、かなりの人数に上るのではないかと考えられます。

我々は人事労務を通じて人にまつわる仕事をしております。事業主から最も多く受ける相談は退職に関すること(特に解雇)ですが、通常は当事者間のトラブルがほとんどです。今回のような自然災害はそう起こることではないですが、それこそ防ぎようのないものです。自分の意思とは相反して職を失うことの怖さを痛感されられると共に、こうして今も当たり前に仕事を続けられていることに感謝しなければならないと思う今日この頃です。

平成28年6月29日

コンサルティング事業部
城戸

福岡ソフトバンクホークスの城所選手が交流戦のMVPを獲得しました。私は福岡市民で大のホークスファンですので城所選手は知っていましたが、ここ最近の活躍で名前を知ったという方も少なくないのではないでしょうか。

そんな城所選手、ここ数年は練習を休んだことがないそうです。まさに努力が実を結んだ結果だと言えるでしょう。これが雇われの身の労働者で「ここ数年休みなく働いています」と言うと完全なる労働基準法違反ですが、個人事業主のプロ野球選手ですからできる代物です。

努力が実を結ぶのか否かが問われることも実際にはあります。某アイドルグループのリーダーが努力は嘘をつかない云々を叫んでいましたが、努力が実を結ぶかどうかは本人次第でしょう。実を結ばないこともあるかもしれませんが、大きな成果を生み出す人は努力をしている・努力を忘れないということは間違いありません。

仕事も同じだと思います。営業部門で成果を残す人、間接部門でミスなく迅速に処理できる人、生産部門で事故なく安全に仕事ができる人、これらに共通していることに努力は挙げられます。もしかしたら努力しているという認識がないくらい意識が高いのかもしれません。目標意識を持ち、それを遂行するためには何をすればいいか。それを当たり前にしているだけ、と言われるかもしれませんが、これも努力に該当すると私は思います。これを継続してできる人こそが「仕事ができる人」なのではないかと思います。

平成28年6月22日

コンサルティング事業部
木村

総数371件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

HOME

  • 人事労務サポート 経営セミナーから講師代行・監査も。経営メミナー実施中

人事労務コンサルタント

株式会社PMC 〒530-0054 大阪市北区
南森町1-4-19
サウスホレストビル6F
TEL:06-6362-5338
FAX:06-6362-5388
Email:pmc-info@pmc-net.co.jp
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

有料職業紹介事業許可
許可番号:27-ユ-300948
許可年月日:平成20年9月1日

詳しくはこちら

北海道から九州まで全国対応

【主要エリア】:
札幌・仙台・千葉・ 川崎・東京・横浜・埼玉・神奈川・ 静岡・浜松・名古屋・愛知・ 京都・奈良・大阪・兵庫・伊丹・ 尼崎・西宮・神戸・姫路・岡山・ 広島・福岡・北九州・熊本・鹿児島