労務相談事例集Q&A 給与計算 人事労務

最新更新日:2017/11/10

労務相談事例集Q&A

質問一覧

総数292件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

該当する情報が見つかりませんでした

総数292件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

回答一覧

総数292件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98

出向先は再出向を命じることはできません。

出向とは、労働者が出向元に在籍したまま、出向先の指揮命令下で業務に従事することをいいますが、労働者に出向を命じる権限は出向元にあるといえます。
よって、再出向を命ずる必要性がある場合は、一度労働者を出向元に復帰させて、出向元が新たな出向先に出向させるほうが望ましいといえます。

保険や車検、免許の有効期限が切れているなど、明らかに「マイカー通勤を許可できる状況ではない」という場合は、会社にも責任があると見なされる可能性があります。

マイカーを通勤だけに使用していて、会社での営業活動や配達、移動などに使用していないのであれば、基本的にその管理責任は労働者にあります。しかし、たとえ個人所有の車であったとしても、通勤に使っているからには会社と100%関係がないとは言えません。

会社によっては「事故を起こした場合、会社に一切の迷惑をかけません」というような誓約書を労働者に書かかせる場合もありますが、このような誓約書に法的な力は無く、書いたからといって労働者に有利・不利が生じるものではありません。

そのため、マイカー通勤を許可する場合には、労働者が任意保険に加入しているか、免許証、車検の有効期限は切れていないかなどの確認を徹底し、会社としてきちんと管理、把握することをお勧めします。

就業規則の記載内容に依ります。

法律の上では「昇給を必ず行わなければならない」という決まりはなく、御社の就業規則でどのように定められているかによって取り扱い方が変わってきます。

もしも就業規則上「昇給は毎年6月に必ず行う」と定められている場合は、全く昇給しないと就業規則に違反することになってしまいます。例えば但し書きとして「業績によっては実施しない場合がある」というような記載があれば、必ずしも昇給を行う必要はないですが、事前に従業員に説明をおこなったり、求められた場合にはその根拠を示すなど理解を求めることも肝要だと言えます。

なお勤続給や年齢給など、計算式やテーブルに沿って自動的に上昇するように決められた手当を今年に限り据え置くようなことは困難でしょう。

総数292件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98

HOME

  • 人事労務サポート 経営セミナーから講師代行・監査も。経営メミナー実施中

人事労務コンサルタント

株式会社PMC 〒530-0054 大阪市北区
南森町1-4-19
サウスホレストビル6F
TEL:06-6362-5338
FAX:06-6362-5388
Email:pmc-info@pmc-net.co.jp
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

有料職業紹介事業許可
許可番号:27-ユ-300948
許可年月日:平成20年9月1日

詳しくはこちら

北海道から九州まで全国対応

【主要エリア】:
札幌・仙台・千葉・ 川崎・東京・横浜・埼玉・神奈川・ 静岡・浜松・名古屋・愛知・ 京都・奈良・大阪・兵庫・伊丹・ 尼崎・西宮・神戸・姫路・岡山・ 広島・福岡・北九州・熊本・鹿児島