● 3年ぶりに改定された平成30年度の労災保険料率 ●

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
会社が納付する労働保険(雇用保険・労災保険)料は、毎年4月1日から翌年3月31日の1年間を単位とし、労働者へ支払う賃金総額に各々の保険料率を乗じて計算します。

労災保険料率の改定は、業務災害発生率を基に原則3年毎に見直されており、平成30年度はその見直しのタイミングに当たります。今回の見直しの結果、全体平均は、前回改定された平成27年度と比べ、1,000分の0.2の引き下げとなりました。
--------------------------------------------------------------------------

料率改定がなされた今年度の年度更新(労働保険料の計算)は、
確定保険料の計算では、旧・労災保険料率を用い、概算保険料の計算では、新・労災保険料率を用いて計算します。誤りのないよう、ご注意下さい。

※参考
厚生労働省「労災保険・雇用保険の特徴」