● 平成30年4月から障害者の法定雇用率が引上げられました ●

障害者雇用を促進するため、企業には、常用雇用労働者の人数に対し、一定の割合の障害者を雇用する義務が課せられています。この割合のことを法定雇用率と呼び、平成30年4月1日より引上げられると共に、精神障害者の算定方法の変更が行われました。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------
1.平成30年4月1日からの法定雇用率
2.精神障害者である短時間労働者の算定方法の特例
--------------------------------------------------------------------------

業種によっては障害者を雇用する負担が大きいことから、雇用がなかなか進まないというケースも少なからずあります。障害者の雇用は社会全体で取り組んでいくべき課題でもあるため、労働局主催の障害者面接会、助成金等を活用し雇用を確実に進めていきたいものです。

※参考
厚生労働省「障害者雇用率制度」

厚生労働省「障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わります」