多くの企業がより効率的な働き方を通じて、労働時間の削減に努めています。近年は、育児や介護と両立をしながら勤務する従業員が増加していることからも、より柔軟な労働に関する制度の導入が求められており、フレックスタイム制への関心が高まっています。

【内容の一部】
--------------------------------------------------------------------------

◆フレックスタイム制とは、あらかじめ定められた1ヶ月の総労働時間の中で、自らの仕事等の状況にあわせ、毎日の始業および終業時刻を定めることができる制度です。

◆フレックスタイム制を採用するためには、就業規則と労使協定の整備が必要です。就業規則等において、フレックスタイム制を導入する旨を定め、労使協定を締結しましょう。
 労使協定では、対象となる労働者の範囲、清算期間、コアタイムなどを定める必要があります。

--------------------------------------------------------------------------


制度の導入を促進するため、厚生労働省では「1ヶ月以内」と定められている清算期間を「3ヶ月以内」へと延長する労基法改正の議論を進める予定とのことです。
従来の形式に囚われず、柔軟かつ有効な制度の構築が求められていることを実感します。


詳細はこちらをご覧ください。