毎年7月1日〜7月10日は、社会保険の標準報酬月額の定時決定の手続きを行う必要があります。今年は、平成28年10月より社会保険の適用拡大が行われて初回の手続きとなりますが、実務上のポイントとなる支払基礎日数の考え方を整理しておきましょう。

【内容の一部】

--------------------------------------------------------------------------

◆時給制・日給制の場合
 実際の出勤日数に年次有給休暇等の有給休暇の日数も含んだもの。

◆月給制・週給制の場合
 出勤日数に関係なく暦日数。ただし、月給制・週給制で欠勤した日数分の給与が控除される場合、就業規則等で定められた日数から、欠勤日数を控除した日数とする。

--------------------------------------------------------------------------

毎月の給与から控除される社会保険料ですので、正しく手続きを行い、誤りのないように対応を進めたいですね。


詳細はこちらをご覧ください。