雇用保険の基本手当(いわゆる失業給付)について、病気やけが、出産等の理由により引き続き30日以上職業に就くことができない場合、申請により受給期間を延長することができますが、平成29年4月より、その申請可能な期間が変更されました。

【内容の一部】

--------------------------------------------------------------------------

〔これまで〕 引き続き30日以上職業に就くことができなくなった日の翌日から1ヶ月以内

〔変更後〕  延長後の受給期間の最後の日まで申請可能

--------------------------------------------------------------------------

様々な事情により退職後すぐに働けない従業員の方がいらっしゃいます。そのような方には失業給付の受給延長についてご案内下さい。今回の変更により、退職後、少し様子を見てから延長の申請が可能となり、より利用しやすくなりました。


詳細はこちらをご覧ください。