平成28年「就労条件総合調査」の概況が発表されました。

【内容の一部】

-------------------------------------------------------------------------------------
1.所定労働時間
  1日の所定労働時間は、1企業平均7時間45 分(前年7時間45分)、労働者1人平均7 時間45 分(同7 時間45 分)となり、前年との変化それほどみられませんでした。

2.年間休日日数
  平成27 年(又は平成26 会計年度)の年間休日総数の1企業平均は108.0 日(前年107.5 日)、労働者1 人平均は113.8 日(同113.2 日)となっており、0.5日増える形となりました。

3.年次有給休暇取得状況
  平成27 年(又は平成26 会計年度)1年間に企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数を除く。)は労働者1人平均18.1 日(前年18.4 日)、そのうち労働者が取得した日数は8.8日(同8.8 日)で、取得率は48.7%(同47.6%)となっています。

4.年次有給休暇時間単位取得状況
  年次有給休暇を時間単位で取得できる制度がある企業割合は 16.8%(前年16.2%)となっています。

-------------------------------------------------------------------------------------

所定労働時間を維持しつつ有給休暇の取得率を上げるということはどこの事業所も頭を悩ますところだと思います。プレミアムフライデーも始まり、これを有給休暇の時間単位取得で活用する事業所もありますが、これからはこの有給休暇の時間単位取得が鍵を握りそうです。


詳細はこちらをご覧ください。