定年後再雇用されたトラック運転手3人が、
定年前と同じ職務にもかかわらず3割程度賃金を下げられたのは違法だとして
東京地裁で争っていましたが、
賃下げは労働契約法第20条に違反し無効とする判決が下されました。

これにより今後定年再雇用の際に賃下げの合理性が無ければ
不合理な労働条件の変更となり違法となる可能性が出てきました。

--------------------------------------------------------------------------------------
定年後再雇用されたトラック運転手3人が、
定年前と同じ職務にもかかわらず3割程度賃金を下げられたのは違法だとして
東京地裁で争っていましたが、
賃下げは労働契約法第20条に違反し無効とする判決が下されました。

これにより今後定年再雇用の際に賃下げの合理性が無ければ
不合理な労働条件の変更となり違法となる可能性が出てきました。

人事賃金制度をあいまいにしたまま定年後に引き継ぐリスクが現実になったものと考えられ、
広く企業に警鐘を鳴らす結果となりました。

ただ企業側も控訴を決めているため、この裁判には注目すべきです。
-------------------------------------------------------------------------------------- 

内容をチェックされる場合は、こちらをご確認ください。