本年の第190回通常国会が6月1日に閉幕しました。

今国会で成立した主な労務関連法案は次の通りです。

------------------------------------------------------------------------------
◆今国会で成立した法律

1.雇用保険法等の一部を改正する法律

@失業等給付に係る保険料率の見直し(1.0%→0,8%)

A育児休業に係る制度の見直し(有期契約労働者の要件緩和等)

B介護休業に係る制度の見直し(給付率40%→67%等)

C高齢者の就労環境の整備(雇用保険対象者の拡大等)

D妊娠した労働者の就労環境の整備

E就職促進給付の拡充等


2.確定拠出年金法等の一部を改正する法律

@企業年金の普及拡大
  
事務負担等により企業年金の実施が困難な中小企業(従業員100人以下)を対象に
設立手続き等を大幅に緩和した「簡易型DC(※)制度」を創設。


A働き方の多様化に対応
 
第3号被保険者や企業年金加入者、公務員でも、個人型DC(※)へ加入可能に。


B運用改善(規定の整備等)


※DCとは、確定拠出年金のことです。
------------------------------------------------------------------------------

このほか、「労働基準法の一部を改正する法律案」、
「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律案」
が閉会中に審査されますので、審議のゆくえが注目されます。


詳細はこちらをご覧ください。