労働安全衛生法の改正(平成26年6月25日公布)により、
平成27年12月1日より「ストレスチェック制度」が開始されます。

------------------------------------------------------------------------------
▽ストレスチェック制度の目的は、下記の3点となっています。

@ 一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)

A 労働者自身のストレスへの気づきを促す

B ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる


▽これらの目的実現のため、具体的な制度の内容は下記の通りです。

○常時使用する労働者に対して、
  医師、保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)を
  実施することが事業者の義務となります。
※労働者数50人未満の事業場は当分の間努力義務

○検査結果は、検査を実施した医師、保健師等から直接本人に通知され、
  本人の同意なく事業者に提供することは禁止されます。

○検査の結果、一定の要件に該当する労働者から申出があった場合、
  医師による面接指導を実施することが事業者の義務となります。
  また、申出を理由とする不利益な取扱いは禁止されます。

○面接指導の結果に基づき、医師の意見を聴き、
  必要に応じ就業上の措置を講じることが事業者の義務となります。
------------------------------------------------------------------------------

今後、ストレスチェックが単なる「チェック」に留まることなく、
その結果をどうやってストレスによる不調の未然防止につなげることができるかを考える必要があります。

今回の義務化を職場環境改善の好機ととらえ、前向きに取り組んでいきましょう。


詳細はこちらをご確認下さい。