年末調整に関係した情報が連日のように公開されていますが、
国税庁から平成28年分給与所得の源泉徴収票の新様式が公開されました。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 公開された平成28年分源泉徴収票の様式と記載方法

・平成28年分給与所得の源泉徴収票については、
 用紙の大きさについて従来のA6サイズからA5サイズに変更され、
 マイナンバー制度の導入等に伴い、大幅に項目やレイアウト等が変更となっています。

・個人番号(マイナンバー)と法人番号の記載については、
 税務署提出用には記載しますが、受給者交付用には記載しないこととなりました。
 そのため、税務署提出用と受給者交付用とでは記載のしかたが異なっています。

・控除対象配偶者や控除対象扶養親族については、
 税務署提出用の様式について個別に個人番号を記載する欄が設けられていますが、
 16歳未満の扶養親族については備考欄にマイナンバーを記載することとなっています。
------------------------------------------------------------------------------

マイナンバーの運用については、ルールが当初より変わってきています。

こういったものは知らなかったからでは済まされませんので
当分の間は内閣府の通達や各省庁の情報発信に十分注意が必要です。
 
その他、留意点や新様式等は、以下のURLをご確認ください。


▼国税庁マイナンバー情報HP


▼平成28年分給与所得の源泉徴収票の記載のしかた


▼新様式閲覧ページ