平成27年10月1日より「労働契約申込みみなし制度」が施行されます。

------------------------------------------------------------------------------
【労働契約申込みみなし制度とは】

派遣先が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、
違法状態が発生した時点において、
派遣先が派遣労働者に対して労働契約の申し込み(直接雇用の申し込み)をしたものとみなす制度です。


【違法派遣の例】

@派遣労働者を禁止業務に従事させること

A無許可又は無届出の者から労働者派遣の役務の提供を受けること

B期間制限に違反して労働者派遣の役務の提供を受けること

C労働者派遣法又は同法の規定により適用される労働基準法等の規定の適用を免れる目的で、
  請負その他労働者派遣以外の名目で契約を締結し、
  必要とされる事項を定めずに労働者派遣の役務の提供を受けること
  ※いわゆる偽装請負等
------------------------------------------------------------------------------

Cについては、
請負関係にある下請事業者の労働者に対して
自社社員と同様に業務の指揮命令を行っている場合は、
請負という名目であっても派遣関係にある(偽装請負)とし、
当該労働者に直接労働契約の申込みをしたものとみなされる、
という点に注意が必要です。


詳細はこちらをご覧下さい。