厚生労働省にて昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における
重点監督の実施結果の概況が公表されました。

------------------------------------------------------------------------------
【重点監督の結果のポイント】

1.重点監督の実施事業場:4,561事業場

このうち、3,811事業場(全体の83.6%)で労働基準関係法令違反あり


2.主な違反内容 [1のうち、法令違反があり是正勧告書を交付した事業場]

●違法な時間外労働があったもの:2,304事業場(50.5 %)

 うち、時間外労働の実績が最も長い労働者の時間数が月100時間を超えるもの:715事業場(31.0%)
 うち月150時間を超えるもの:153事業場(6.6%)
 うち月200時間を超えるもの:35事業場(1.5%)

●賃金不払残業があったもの:955事業場(20.9%)

●過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:72事業場(1.6%)


3.主な健康障害防止に係る指導の状況[1のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]

●過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:2,535事業場(55.6% )

うち、時間外労働を月80時間以内に削減するよう指導したもの:1,362事業場(53.7%)

●労働時間の把握方法が不適正なため指導したもの:1,035事業場(22.7%)
------------------------------------------------------------------------------

厚生労働省は、今後もインターネットなどの求人情報を監視し、
過重労働撲滅に向けた取組みを徹底していく事を発表しています。

是正をしていない事業場に対する確認を行い、
応じない場合は送検も視野に入れて対応するということで、
過重労働を重く問題視している姿勢が伺えます。

近年、労使トラブルや労働基準監督署による立ち入り調査の回数も増えていますので、
就労時間の管理について再考されてはいかがでしょうか。


詳細はこちらをご確認下さい。