70歳未満の方の高額療養費の自己負担限度額の区分が
平成27年1月診療分より3区分から5区分に細分化されます。

------------------------------------------------------------------------------
1.標準報酬月額83万円以上の方

自己負担限度額:252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
多数回該当:140,100円


2.標準報酬月額53万〜79万円の方

自己負担限度額:167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
多数回該当:93,400円


3.標準報酬月額28万〜50万円の方

自己負担限度額:80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
多数回該当:44,400円


4.標準報酬月額26万円以下の方

自己負担限度額:57,600円
多数回該当:44,400円


5.低所得者(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

自己負担限度額:35,400円
多数回該当:24,600円


※差額ベッド代、食事代、保険外の負担分は対象となりません。
※70歳以上の方の負担に変更はありません。
-----------------------------------------------------------------------------

入院、高額な外来が見込まれる時は限度額適用認定証をご利用ください。

70歳未満の方が入院や外来で診療を受ける場合に、
限度額適用認定証を保険証と併せて医療機関窓口に提示すると、
入院時等の1ヶ月(1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。


詳細についてはこちらをご覧ください。