平成26年就労条件総合調査の結果が発表されました。

対象となったのは、常用労働者30人以上の民間企業4,271社に雇用されている
無期契約の労働者(パートタイマー除く)です。

今回は労働時間に関する一部を抜粋してご紹介します。

------------------------------------------------------------------------------
○所定労働時間(1企業平均)

・1日の所定労働時間…7:43
・週所定労働時間…39:29


○週休制

・週休1日または1日半制…9.7%
・完全週休2日制より休日日数が実質的に少ない制度…37.4%
・完全週休2日制…46.9%
・完全週休2日制より休日日数が実質的に多い制度…6.0%


○年間休日総数(上位3位を抜粋)

・100〜109日…31.5%
・120〜129日…25.5%
・110〜119日…16.4%


○年次有給休暇取得状況(労働者1人平均)

・付与日数…18.5日
・取得日数…9.0日
・取得率…48.8%


○変形労働時間制
・変形労働時間制を採用している企業…55.6%
 うち、1年単位の変形労働時間制…35.4%
 うち、1か月単位の変形労働時間制…17.9%
 うち、フレックスタイム制…5.3%
------------------------------------------------------------------------------

半数以上の企業が変形労働時間制を導入していることに
驚かれた方も多いのではないでしょうか。

労働時間を割り振ることができる変形労働時間制は、
勤務にメリハリがつき、残業代の削減に有効な手段の一つです。

就労のあり方は千差万別。向上のポイント、その方法もまた然りです。
御社らしさをいかした制度づくりなら、お任せください。


詳細はこちらをご覧下さい。