再就職後の賃金が離職前の賃金より低い場合には「就業促進定着手当」が受けられます。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 就業促進定着手当とは

再就職手当の支給を受けた方で再就職先に6か月以上雇用され、
再就職先での6か月間の賃金が離職前の賃金よりも低い場合に、
基本手当の支給残日数の40%を上限として
低下した賃金の6か月分を支給するものです。


◇ 支給対象者

平成26年4月1日以降の再就職で、次の要件をすべて満たしている方

1.再就職手当の支給を受けている

2.再就職の日から同じ事業主に6か月以上、雇用保険の被保険者として
  雇用されている
  (起業により再就職手当を受給した場合には、就業促進定着手当は受けられません)

3.所定の算出方法による再就職後6か月間の賃金の1日分の額が、
  離職前の賃金日額を下回ること


◇ 申請期間

再就職した日から6か月経過した日の翌日から2か月間
----------------------------------------------------------------------------

再就職からおおむね5か月後に、ハローワークから支給申請書が
再就職手当の支給申請書に書かれた住所に郵送されます。

該当する方で、早い方は平成26年9月頃に支給申請書が届くことになります。
期限までに必要書類を添えて申請手続を行って下さい。

この手当は、早期に再就職した雇用保険受給者の職場定着を促進するためのものですが
採用した事業主側にも前職との賃金の差額を補うというメリットにもなります。


詳細はこちらをご覧ください。