6月1日から30日までの1ヶ月間は、全国安全週間の準備期間です。
まずは準備の前段階として、平成25年の死亡災害発生状況の調査結果についてお伝えします。

------------------------------------------------------------------------------
【平成25年業種別死亡災害発生状況】

◎全産業:1,030人(前年:1,093人)

○製造業:201人(前年:199人)

○鉱業:8人(前年:6人)

○建設業:342人(前年:367人)

○交通運輸事業:16人(前年:13人)

○陸上貨物運送事業:107人(前年:134人)

○港湾荷役業:6人(前年:5人)

○林業:39人(前年:37人)

○その他:311人(前年:332人)


>>その他の内訳

・農業、畜産、水産業:29人(前年:35人)

・商業:93人(前年:117人)

・金融、広告業:6人(前年:10人)

・通信業:3人(前年:9人)

・保健衛生業:13人(前年:11人)

・接客、娯楽業:25人(前年:23人)

・清掃、と畜:49人(前年:47人)

・警備業:35人(前年:27人)

・その他:58人(前年:53人)


【死亡災害が多く発生した事故上位5ケース】

(1)墜落・転落:266人(前年:271人)

(2)交通事故:233人(前年:251人)

(3)はさまれ・巻き込まれ:132人(前年:157)

(4)激突され:76人(前年72人)

(5)崩壊・倒壊:56人(前年:76人)
   飛来・落下:56人(前年:46人)
------------------------------------------------------------------------------

平成25年は、死亡災害、死傷災害、重大災害の発生件数が4年ぶりにいずれも前年を下回り、
死亡災害は2年ぶり、死傷災害、重大災害は4年ぶりの減少となりました。

また、平成25年の職場での熱中症による死亡者は30人と、
平成24年よりも9人多くなっております。


詳しくはこちらをご覧下さい。