国民年金法等の一部を改正する法律のうち、
今後施行されるものを抜粋してご紹介いたします。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 年金の受給資格期間を現在の25年から10年に短縮

・平成27年10月から施行


◇ 基礎年金国庫負担2分の1を恒久化する年度を平成26年度と定める

・平成26年4月から施行


◇ 短時間労働者に対する厚生年金・健康保険の適用拡大

・平成28年10月から施行


◇ 厚生年金・健康保険について産休期間中の保険料免除

・平成26年4月から施行


◇ 遺族基礎年金の父子家庭への支給

・平成26年4月から施行
------------------------------------------------------------------------------

将来の無年金者の発生を抑えていくという視点からの受給資格期間の短縮は
皆に有益になるでしょう。
産休期間中の保険料免除も同様です。

短時間労働者への社会保険の適用拡大はセーフティネットの強化に繋がります。
非正規労働者や短時間労働者への恩恵は非常に大きいですが、
企業は保険料負担を伴いますので、対象企業は負担増加分を考慮する必要があります。


詳細はこちらをご確認下さい。