平成26年4月から、70歳から74歳までの健康保険被保険者・被扶養者の方が
窓口で支払う医療費の一部負担金割合が、段階的に引上げられることとなりました。

------------------------------------------------------------------------------
【現状】

◇ 70歳〜74歳までの一般・低所得者・・・1割負担

◇ 70歳〜74歳までの現役並み所得者・・・3割負担


【平成26年4月から】

◇ 平成26年度から70歳に達する一般・低所得者・・・2割負担

◇ 平成26年3月末までに70歳に到達している方〜74歳までの一般・低所得者・・・1割負担

◇ 70歳〜74歳までの現役並み所得者・・・3割負担


※現役並み所得者
国保世帯:課税所得145万円以上の70歳以上の被保険者がいる世帯
被用者保険:標準報酬月額28万円以上の被保険者及びその被扶養者
------------------------------------------------------------------------------

なお、平成26年3月末までに70歳に到達している方
(誕生日が昭和14年4月2日〜昭和19年4月1日)は、
引き続き自己負担割合は1割で診療を受けることが出来ます。


詳細はこちらをご覧下さい。