毎月勤労統計調査の平成25年分結果確報が公表されました。

------------------------------------------------------------------------------
◇ 賃金

・現金給与総額は前年と同水準。

・所定内給与の前年比は0.6%減と8年連続の減少。

・所定外給与の前年比は1.8%増と4年連続の増加。

・特別に支払われた給与の前年比は2.1%増と2年ぶりの増加。


◇ 労働時間

・総実労働時間の前年比は1.0%減と2年ぶりの減少。

・所定内労働時間の前年比は1.3%減と2年ぶりの減少。

・所定外労働時間の前年比は2.3%増と4年連続の増加。
------------------------------------------------------------------------------

賃金の内訳について、一般労働者の賃金は上がり、パートタイム労働者の賃金は下がっています。

しかしながら、雇用者数で見ると一般労働者は減少しパートタイム労働者は増加しています。

所定外労働時間および所定外給与が前年より高くなっていることも勘案すると、
一般労働者数は出来る限り最小限に抑え、
突発的な業務はパートタイム労働者でまかなっていることが考えられます。


詳細はこちらをご確認下さい。