平成25年10月(12月支払い分)から年金額が1.0%引き下げられます。

--------------------------------------------------------------------------
◇ 解消のスケジュール

平成25年10月 ▲1.0%  

平成26年 4月 ▲1.0%

平成27年 4月 ▲0.5%


※現在支給されている年金は、平成12年度から14年度にかけて、物価下落にもかかわらず
  特例法でマイナスの物価スライドを行わず年金額を据え置いたことなどにより、
  本来の年金額より2.5%高い水準(特例水準)で支払われています。

※この特例水準について、現役世代(将来、年金を受け取る人)の年金額の確保につなげ、
  世代間の公平を図るため、平成25年度から27年度までの3年間で解消する法律が
  平成24年11月に成立しました。

※この法律は、平成25年10月から施行されるため、
  平成25年10月以降(12月支払い分以降)の年金額は、
  4月から9月までの額から1.0%引き下がることになります。
--------------------------------------------------------------------------

年金制度は改正を重ねながら複雑なものとなっていますが、
被用者年金の一元化など今後も大幅な改正が見込まれます。

年金を受給しながら働く従業員への対応に備えるべく、
こうした動きも押さえておきましょう。


詳細についてはこちらをご確認下さい。