厚生労働省では、毎年6月を「外国人労働者問題啓発月間」と定めています。

今年は「ともに働き未来を創ろう!! 〜 外国人が能力を発揮できる環境づくりを 〜」を標語に、
適切な外国人雇用や高度外国人材の就職促進について周知・啓発活動が行われます。

------------------------------------------------------------------------
1.実施期間

平成25年6月1日(土)から6月30日(日)までの1か月間


2.主な周知・啓発活動の実施内容

(1)ハローワークへのポスター掲示、関係機関を通じて事業主へパンフレットなどの配布

(2)各事業主団体へ「外国人雇用状況」届出義務を中心に周知徹底の協力要請

(3)個々の事業主に対し、外国人雇用の基本ルールについて積極的な周知・啓発、指導
   ハローワークでは、事業所訪問により雇用管理の改善指導を実施

(4)月間中に開催される外国人雇用管理セミナー、学卒の求人説明会など、
   事業主が集まる会合において外国人雇用対策に関する資料を配布し周知・啓発

(5)留学生をはじめとする「専門的・技術的分野」の外国人就職支援をサービスセンターなどの
   施設を設置して積極的に実施


3.外国人を雇用する事業主の方へのお知らせ

(1)専門的・技術的分野の外国人、留学生の支援をサービスセンターで実施

(2)ハローワークでは外国人雇用管理アドバイザーの無料相談を受付

(3)専門的・技術的分野の外国人を積極的に採用したい場合、
   「仕事情報ネット」(求人検索ポータルサイト)に求人掲載

(4)高度人材受入促進として、ポイント制を活用した出入国管理上の優遇措置

(5)インターネットからの外国人雇用状況の届出
------------------------------------------------------------------------

外国人雇用のニーズは徐々に多様化してきており、取組むべき課題も様々です。

労働条件や雇用管理上の改善が急速に必要であったり、
その一方で、専門的な知識や技術を持つ、
いわゆる「高度外国人材」の受け入れ環境の整備も求められています。

コンプライアンスの遵守が求められる今、外国人雇用に関する正しい法律知識が必要です。

まずはこの機会に、適切な届出方法と雇用管理の指針を確認しておいてはいかがでしょう。


詳しい内容はこちらをご覧下さい。