パートタイム労働者を正社員転換する等で申請できる「均衡待遇・正社員化推進奨励金」、
この制度が3月31日で廃止されることとなりました。

申請を検討中の事業所の方々、今後の申請手続きについてはご確認が必要です。

-------------------------------------------------------------------------------
「均衡待遇・正社員化推進奨励金」は平成25年3月31日で廃止されます。
平成25年4月以降は、企業内のキャリアアップを促進する新しい助成制度に移行予定です。


◇ 申請を検討中の事業主の方へ ◇

この助成金を申請するには、対象となる下記いずれかの制度を労働協約または就業規則に
新たに規定したうえで、平成25年3月31日までに労働者に適用することが必要です。

(1)正社員転換制度:対象となる労働者を正社員に転換

(2)共通処遇制度:正社員と対象労働者を共通の処遇制度により格付け

(3)共通教育訓練制度:正社員と共通のカリキュラムで延べ10人以上
   (大企業は延べ30人以上)の対象労働者1人につき6時間以上教育訓練を実施

(4)短時間正社員制度:対象労働者に短時間正社員制度を適用

(5)健康診断制度:対象労働者延べ4人以上に健康診断を実施


※申請先が変わります。

・3月31日までに申請する場合  → 都道府県労働局 雇用均等室へ申請してください。

・4月1日以降に申請する場合   → 都道府県労働局 職業安定部へ申請してください。
-------------------------------------------------------------------------------

4月以降も申請は可能ですが、転換等の適用が3月中である事業所に限られてしまいます。

申請準備中の事業所は、規定が正しく定められているか、労働者の適用時期が期限内か等、
今一度内容をご確認ください。


詳細はこちらをご覧下さい。