年末が近づき、年末調整の説明会や帳票配布が始まりました。

この数年、年末調整の処理では扶養控除、住宅ローン控除など
税制改正に伴う大幅な変更が続いていますが、
平成24年では次のとおり保険料控除の改組がなされています。

-------------------------------------------------------------------
◇生命保険料控除の改組◇

平成24年1月1日以後に締結した保険契約等【新契約】

・介護保障または医療保障を主契約・特約とする保険料には
 「介護医療保険料控除」が新たに設けられます。

・一般生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除の
 適用限度額はそれぞれ4万円となります。


平成23年12月31日以前に締結した保険契約等【旧契約】に関しては、
昨年までと同様の適用限度額(5万円)が適用されます。

ただし、【新契約】と【旧契約】を合算して保険料控除額を計算する場合には
適用限度額は上限4万円となります。
-------------------------------------------------------------------

これらの変更により保険料控除申告書や源泉徴収票の書式も変更されていますので
例年より早めにご確認ください。

その他変更点など詳細につきましては、こちらをご覧下さい。