就業規則については、その全文を周知しなければなりません。

就業規則は、労働者に周知した時点で初めて効力が生じます。また、常時10名以上の労働者がいる場合は、作成だけでなく労働基準監督署への届出も必要です。

なお、周知は以下のいずれかの方法で行なわなければなりません。
・常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること
・書面を労働者に交付すること
・磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること