出勤率を計算するにあたり、いわゆる慶弔休暇を出勤日数に加えるかどうかは、会社が自由に決めることができます。

また、慶弔休暇以外にも通勤災害で休んだ日についても同様に、出勤したものとするか否かは会社の取り決め次第です。ただし業務上の災害で休んだ日については出勤したものとしなければいけませんので、お気をつけください。

ただし会社が自由に決めることが出来るといっても、その場その場で扱いが異なることになることのないよう、統一のルールとして就業規則上に明示しておくことが必要です。「あの人の時はこうだったのに」ということになり会社への不信感を募らせることのないよう、一度就業規則を確認してみることをお薦めいたします。