支払う必要はありません。

労働者が業務命令に反して勝手に外回りをしていた場合、それは正当な労務提供がなされたとはいえないので、労働者にその間の賃金請求権は生じず、会社は賃金支払い義務を負わないとしています。

ただし、会社において遅刻や欠勤について賃金カットなどの措置をしていないような場合には、業務命令違反をして賃金カットをするとトラブルになるケースがありますので、就業規則や賃金規程に、遅刻や欠勤に対する賃金減額を明記し、日ごろからしっかり運用することが必要となります。