開発をどのように進め、プログラムを完成させるかによって、契約形態が異なってきます。

業務委託である場合、A社は決められた内容の仕事を期日までに完遂することに、全責任を負います。その代わり、仕事の進め方について御社は口出しができず、A社側の裁量に任せなければなりません。仕事の完成を約束することが業務委託契約であるため、御社とエンジニアの間には指揮命令関係が発生しません。

それに対して派遣契約とは、A社が自社のエンジニアを御社で働かせることを約束するものです。御社とエンジニアの間には一定の指揮命令関係が発生することになり、仕事の進め方や労働する場所、時間などについて指示を出すことが可能となります。しかし、仕事の完成を約束したわけではないので、派遣期間中にプログラムが完成しなかった場合でも、A社は契約不履行とはなりません。

業務委託と派遣ではこのような違いがあります。そのため、新プログラムの開発を丸ごと、A社に任せるのであれば業務委託契約が適切です。他方、御社の社員も開発に携わる中で人員補強的な要素が強い場合、言い換えればエンジニアも社員も同じような働き方をする場合は、派遣に該当する可能性が高いと言えます。

システム開発という仕事の場合、どうしても発注者の住所地に受注者が頻繁に出入りすることが必要となります。契約上は業務委託なのに、実際には発注者の指揮命令下に置かれている、というケースにならないよう、十分な注意が必要です。