”大法改正時代に生き残る” 働き方改革法先行対策&RPA、システムを活用した業務効率化セミナーの株式会社PMC

最新更新日:2018/7/25

人事労務サポート


”大法改正時代に生き残る” 働き方改革法先行対策&RPA、システムを活用した業務効率化セミナー

▼詳細
開催日時平成30年10月11日 木曜日
13:30から16:30 (13:00より受付開始)      
開催会場:サウスホレストビル6階セミナールーム 
大阪府大阪市北区南森町1丁目4番19号サウスホレストビル6階
(各線「南森町」駅より徒歩4分 
参 加 料: 無料 (1社2名まで)
ご参加には事前申込をお願いします。

こちらから申込書をダウンロードして頂き記入後FAXして頂きますようお願いいたします。

■ ■ ”大法改正時代に生き残る” 働き方改革法先行対策&RPA、システムを活用した業務効率化セミナー ■ ■

T:セミナー趣旨
 平成30年6月29日に皆様もご存じの通り働き方改革法案が可決されました。何から手を付けていいかわからないという方も多いと思います。今回の目玉は間違いなく労働時間(残業時間)の削減です。

今回の法案では残業時間を年間720時間(月当たり60時間)に抑えていかなければなりません。

これを聞いて厳しいなと思われる方も多いと存じます。ただ私たちは外部環境を変えることはできず、生き残っていくためにはこの外部環境に合わせて自社を変革していかなければなりません。

こういった法改正は企業の今までの労務管理方法を否定するだけでなく、法改正を争点とする労使間の紛争リスクや公的機関の調査リスクが増加することを意味します。

法改正を理解し、適切に対応をしていかなければ、もはや労使間の紛争を円満に完結する困難になりつつあります。また公的機関の調査もしかりです。ですので早い段階で企業は法改正を理解し、対応をしていかなければなりません。

でもご安心ください。本セミナーでは働き方改革の中でも企業様に特に影響が多いであろう重要な点をピックアップし、企業様がとるべき対策をお伝えさせていただきます。

また今回は残業削減の方法論だけでなくシステム導入を行い残業削減に取り組み成功事例を多々お持ちのケーエスピー株式会社の宮風lをお招きし、法律論やマンパワーの対策だけでなく、システムやロボットによる業務自動化を行い業務改善、残業削減の方法をお伝えいたします。

多くの企業様で人手不足が深刻な状況になる中で非常に重要な内容と思いますので是非ご参加ください。

U:参加特典
@法改正対策セルフチェックリスト
A簡易労務監査トータルリスク診断(希望者のみ

講師:株式会社PMC 常務取締役 坂上広明



    

戻る

HOME

  • 労務コンサルティングブログ
  • 人事労務サポート 経営セミナーから講師代行・監査も。経営メミナー実施中

人事労務コンサルタント

株式会社PMC 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-26-6
新宿加藤ビル7F
【お問い合わせ】
TEL:06-6362-5338
FAX:06-6362-5388
Email:pmc-info@pmc-net.co.jp
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

詳しくはこちら

北海道から九州まで全国対応

【主要エリア】:
札幌・仙台・千葉・ 川崎・東京・横浜・埼玉・神奈川・ 静岡・浜松・名古屋・愛知・ 京都・奈良・大阪・兵庫・伊丹・ 尼崎・西宮・神戸・姫路・岡山・ 広島・福岡・北九州・熊本・鹿児島